特許 PATENT

Patent

Nakagawa silk  Inc. has history that acquired a patent.

In 1977, Takeo Nakagawa of the second president invented the manufacturing method of the special spun silk yarn and thought about patent application.

It is temporal costly in those days that a local small company acquires a patent; of the burden was big.

However, there was strong thought, "I wanted to do it in the company which I raised a technical level by activity for this patent acquisition, and was used in the world".

Of the technology that Nakagawa silk Inc. is proud of the patent that acquired through much difficulty to afterwards became basic.

(I do not have a right now because I do not update this patent.)

特許

中川絹糸株式会社には特許を取得した歴史があります。

1977年、第2代社長の中川武雄は、特殊な絹紡糸の製造方法を発明し、特許出願を考えました。

当時、地方の小さな会社が特許を取得するのは、費用的にも時間的にも負担の大きいものでした。

しかし、「今回の特許取得のための活動で、技術レベルを高め、世界に通用する会社にしたい」との強い思いがありました。

多くの困難を乗り越え取得した特許は、その後、中川絹糸株式会社が誇る技術力の基礎となりました。

(現在はこの特許は更新していませんので権利を有していません。)

Nakagawa silk Inc.

中川絹糸株式会社 Nakagawa silk Inc.