ナチュラルシルクへの取り組み

Initiatives for ecological silk production


☆シルクの精練方法

元来シルクはカイコが作った繭をほぐし糸にします。 一本一本のシルクには「セリシン」と「フィブロイン」という 2 種類の構造が違うタンパク質で出来てい ることは有名ですが、繭をほぐすためにはこのタンパクの内、膠質の「セリシン」を除去する必要があ ります。

セリシンを除去する工程を「精練(せいれん)」と呼び 3 種類の手法が用いられています。

一般的の最も多いのはアルカリを使いセリシンを膨潤させ取り除く方法です。 最も効率よく安価に精練を行うことが出来ます。

次に用いられる方法は酵素を使ったセリシンの分解を行う精練方法です。 ただし酵素を使うためには、温度や時間の管理をその日の気温なども考慮しながら実施しなけれ ばならず、作業者の熟練度が求められます。

もう一つは一般的ではないのですが「腐化」という原始的な方法があります。 これは日数をかけセリシンタンパクを腐化させる方法です。 ただし相当な臭気がし、現在の日本ではおそらく実施することは難しいと考えます。

☆中国のシルクにおける問題点

中国では多くのシルクが生産されていますが、工業的流通を生み出すためには安価で品質のそろ ったものが求められます。 そこで、一般的にアルカリ精練を行う工場が95%以上を占めています。 しかし中国においては水質の高度が高く、石けんなどが溶けにくく金属イオンとの結合で「金属石 けん」となり十分な機能を果たすことが出来ません。 そのため軟水器の導入などを行っているようですが、軟水器の樹脂交換などの管理が十分でない ため安定した品質を得られていません。 さらに近年「色の白い絹」を求める市場ニーズが高く、白い=品質がよい という誤った認識が広ま ったことに由来します。

そこで彼らはこの精練工程で過度の「漂白」を行うようになりました。

漂白には酸化漂白や還元漂白などを行いますが、このときシルクのフィブロインタンパクにも重大な 影響を及ぼしてしまいます。(髪の毛をブリーチするとバサバサになってしまうことをイメージできま す) この漂白によるダメージは相当で、後の紡績工程での可紡性に大きな影響を及ぼし、静電気の発 生やマイクロフィブリル化(フィブロインが無数に分繊してしまうこと)によるネップの発生等々、品質 に大きな問題を起こしました。 そこで登場したのが「シリコン油剤」の添加による平滑性の付与です。

一般に人は洗髪や毛染めをすると髪にダメージを受けます。このことを緩和するためリンスやコンデ ィショナーを使って髪の平滑性を付与するのですが、ここにはシリコン油剤が使われています。 この手法をシルクにも適用してきたのです。

ところが最近では洗髪用品にも「シリコンはよくない」という流れがあるように、もっと自然でナチュラ ルな素材が求められるようになってきました。 もちろんすべてのシリコンが悪いわけではないのですが、過度な精練漂白で相当なダメージを受け てしまったシルクを、よく見せるためだけの目的でシリコンを大量に付着させることに問題があります。 この事でシルクの持つ本来の良さを覆ってしまうことはとても残念です。

オーガニックやボタニカルなものの方が自然に優しく、サスティナビリティーだということが重視され る時代です。

シルクは本来「少し生成り色」があるもので「真っ白なシルクは異常」だということです。

☆ナチュラルシルクとは

中川絹糸株式会社では、従来から研究し技術を高めてきた「酵素精練」の熟練の技があります。 さらに紡績工程にはどうしても油剤の添加が必要ですが、この油剤を天然由来のオリーブや各種 シードから抽出したものを使用します。

この酵素精練で過度な精練や漂白を行わず、絹本来に良さを100%発揮できる精練方法により生 産した絹紡糸とシルクスライバーなどの原材料を「ナチュラルシルク」として提案します。

近年シルクの持つタンパク質繊維としての効能が着目され、「人の肌に直接触れる部分でシルクを 使いたい」と言う要望が増えています。 この需要に応えるためにも、「ナチュラルシルク」はまさに打って付けの素材であると確信します。

貴社におかれましてはどうぞこの「ナチュラルシルク」にご注目いただき、日本のシルクが世界に発 信できる素材としてピックアップされることをお願いします。 



☆ Silk scouring method Originally,

silk is used to loosen the cocoons made by silkworms. It is well-known that each silk is made of two different proteins, “sericin” and “fibroin,” but in order to loosen the cocoon, the collagen “sericin” is used. Must be removed. The process of removing sericin is called “smelting” and three types of methods are used. The most common method is to use an alkali to swell and remove sericin. The most efficient and inexpensive scouring can be performed. The next method used is a scouring method that uses enzymes to break down sericin. However, in order to use enzymes, the temperature and time must be controlled while taking into account the temperature of the day, etc., and the skill of the workers is required. The other is less common, but there is a primitive method called "rot". This is a method of sacrificing sericin protein over time. However, it has a considerable odor and it is probably difficult to implement in Japan today.

☆ Problems with Chinese silk Many silks are produced in China, but in order to produce industrial distribution, cheap and uniform products are required. Therefore, factories that perform alkaline scouring generally account for over 95%. However, in China, the quality of water is high, and soap and the like are difficult to dissolve, and when combined with metal ions, it becomes “metal soap” and cannot perform its functions sufficiently. For this reason, it seems that water softeners have been introduced, but stable quality has not been obtained due to insufficient management such as resin replacement of water softeners. Furthermore, in recent years, there has been a high market need for “white silk”, and the misperception that white = good quality has spread.

So they began to over-bleach during this scouring process.Bleaching involves oxidative or reductive bleaching, which has a significant effect on silk fibroin protein. (You can imagine that bleaching your hair will cause it to become rough.) The damage caused by this bleaching is considerable and has a significant effect on spinnability in the subsequent spinning process, generating static electricity and microfibrillation (fibroin). Caused numerous problems such as the generation of neps due to innumerable splitting of fibers. That is why the addition of "silicone oil" gave smoothness. Generally, humans are damaged by washing and dyeing hair. To alleviate this, use a rinse or conditioner to give the hair smoothness, which uses silicone oil. This technique has been applied to silk.

In recent years, however, there has been an increasing demand for more natural and natural materials, as there is a trend in hair care products that silicon is not good. Of course, not all silicon is bad, but there is a problem with depositing a large amount of silicon just to show the silk that has been heavily damaged by excessive scouring and bleaching. It is very unfortunate that this will cover the original goodness of silk. In this era, it is important that organic and botanicals are naturally gentler and more sustainable. Silk means that there is "a little bit of color" and "white silk is abnormal."

☆ What is natural silk?

Nakagawa silk has a skill of "enzyme scouring" which has been researched and enhanced the technology. In addition, oil must be added to the spinning process. We use oil extracted from natural olives and various seeds. We propose "natural silk" as raw materials such as silk spun yarn and silk sliver produced by a scouring method that can demonstrate 100% of the inherent goodness of silk without excessive scouring or bleaching by this enzyme scouring. In recent years, the effect of silk as protein fibers has been attracting attention, and there has been an increasing demand to use silk where it directly touches human skin. In order to meet this demand, I am convinced that "Natural Silk" is exactly the right material. We hope that your company will pay attention to this "natural silk" and that Japanese silk will be picked up as a material that can be transmitted to the world.

Nakagawa silk Inc.

中川絹糸株式会社 Nakagawa silk Inc.